■2011-12-15

2012-02-08 - ひとこと


12月9日に料亭「松柏園」で、
北九州部会に所属する
弁護士の忘年会がありました。
 時々、弁護士間でつるんでる(「裏」取引)のではと疑念を呈される方がいます。
同じ北九州地域の弁護士ですから、互いに交流があるのは当然で、
そんな言われ方をされるとミもフタもありません。
もちろん、裁判事件でも、併行して話し合いをすることはあります。
それは、一方の提案→他方の検討・対案の提出→検討・再提案…と展開しますが、
依頼者がツンボ桟敷に置かれるわけではなく、一緒に検討する「表」取引です。

社会的紛争の解決は、必ずしもガチンコ勝負
(オール・オア・ナッシング)が最善といえない種類のものがあります。
例えば、親権者問題。親権者の座は一つしかありません。
子どもが小さければ原則母親です。
父親が親権を譲るかわりに、頻繁な子どもとの面接を獲得するのです。
依頼者の利益に反して馴れ合うことは、大昔の大ボス・子ボス時代はともかく、
現代ではありません。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: