■2013-02-15

2013-02-20 - ひとこと

0220hitokoto.jpg

  2月9日は、「フグの日」でした。
下関の協同組合「下関ふく連盟」が語呂合わせで制定したものです。
 フグの水揚げ量世界一を誇る南風泊(はえどまり)市場では、
11日に「ふくの日まつり」も催されましたが、まだ行ったことはありません。
 子ども達と初めて「フグ刺し」の大皿を前にしたときです。
僕は、いつもどおり薄いフグ一切れでネギを巻き恭しく食べることしか念頭になかったのですが、
子どもはお箸の一方を整然と並んでいるフグ列の手前から奥の方へズズッと差し込むと、
そのまましっかりはさんで持ち上げ、口に運ぶではないですか。
呆気にとられました。
 以後、別皿にするか、あらかじめ領域を分けることにしました。
 フクは「福」にも通じるとして縁起の良い魚といわれますが、「死」にもつながっています。
著名な事件は、歌舞伎役者で人間国宝 板東三津五郎中毒死事件。
卑しいことに肝を、もう一皿、もう一皿と4人前も食べたんでは……。
 本望だったでしょう。          合掌

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: