■2012-12-26

2013-01-09 - ひとこと

hitokoto1228.jpg


 忘年会の帰り、タクシーに乗りました。
 道路横に客待ちタクシーが長蛇の列をなしています。それを横に見ながら、

 僕    :お客さんがいないんですネ?
 運転手さん:1時間の客待ちなんかザラです!
 僕    :不景気がヒドイからネ。
 運転手さん:あそこでは、文字どおり暗闇下の駆け引きもあるんですよ。
 僕    :どんなこと?
 運転手さん:お客さんがタクシーに乗り込むでしょ。
       すると1台ずつ前進する筈ですが、動かないタクシーがあります。

  僕    :どうして?
 運転手さん:ドライバーが眠り込んでしまってるんです。
       すると後ろのタクシーが、横をゆっくりスリ抜けて割り込むんです。

  僕    :ケンカにならないの?
 運転手さん:そこが技術です。
       ブレーキを踏むと眠っている運転手の目の前に赤いランプが点くので、すぐ起こしてしまいます。
       それでサイドブレーキで停止させるんですよ。これだと大丈夫です。


 そんなサイドブレーキの使い方があるんだと感心する一方、寂しい思いもよぎりました。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: