■2012-12-12

2012-12-19 - ひとこと

hitokoto1219.jpg



 12月16日は選挙の投票日です。
 日本は、第2次世界大戦を経て生まれかわった筈ですが、

戦前の大日本帝国を目指すかのような、いや、ひょっとして「尊皇攘夷」をスローガンとするような、
時代錯誤的な政党や政治家が目立ちます。

 対して、TPP参加は、日本の「開国」を言っているかのようで、
世界のグローバル化に合わした未来的印象を与えます。
しかし、日本の国益=国民の利益 に現実にはならないようです。

 国の進路については、過去の歴史をしっかりと踏まえ、
個々の国民の幸せを前進させる政党・政治家の手に是非委ねたいものです。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: