■2012-10-10

2012-10-17 - ひとこと

  グッドジョブ!
   山中京大教授がノーベル生理学・医学賞を射止めました。
  全ての新聞1面を飾っています。
  iPS細胞(人工多能性幹細胞―induced Pluripotent Stem cell)を初めてつくった功績です。
  iPodを意識して命名するなんて茶目っ気も一杯。
  やや、ヘソ曲がりの僕は、サイボーグを連想。
サイボーグは、サイバネティック・オーガニズムの略で、生命体と人工技術を融合させ、
四肢や臓器、感覚器の機能を回復・代替させるために用いられるが、
石ノ森章太郎の「サイボーグ009」は戦闘体でキナ臭くなる。 
  でも、iPS細胞は、知る限り体に優しく、平和的、倫理的で良いことずくめのようです。
  まさに「良い仕事してますネェ」です。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: