■2012-09-19

2012-09-26 - ひとこと


 触法障害者支援―平たく言うと(知的)障害のある人の刑事弁護と支援―プレシンポ(9月14日)に参加して
お勉強しました。

 平成21年度以降の統計(矯正統計年法)によると、新入受刑者の23%が知能指数70未満だそうです。
70未満の人は人口の2%位と言われていますから、かなりの高率です。

 知的障害またはその疑いのある人の犯罪の罪名は、43%が窃盗で、更にその5割が万引き、
無銭飲食(お金がないことを示します)です。

 出所(社会復帰)しても3ヶ月以内の再犯(出所後、同じ罪を犯すこと)率は30%、
1年以内が60%ですから、刑務所を出たり入ったりの人が多いことを示します。

 しかし、「知的障害者=犯罪者」でないことは言うまでもありません。
不幸にも罪を犯した知的障害者には、福祉による就労や生活の支援がどうしても必要です。

 社会的受け皿として地域生活定着支援センターがありますが、未だ良く知られていないようです。


最近のエントリー

トラックバック:

コメント: