FC2ブログ

2019-06-12 - ひとこと

0611hitokotoira01.jpg
 ザワザワ、アレコレ、イライラ、トンデモナイことが起こっている中で、ドイツの古い笑い話を一つ。

 原告は判事に車を贈り、被告は判事に二頭の馬を贈った。結果は原告敗訴。原告は、「わが車よ、なんじは方向を誤ったのか」と嘆いた。判事は答えて言った。「車は馬の引く方向に走るのさ」と(ラードブルッフ「法学入門」)。

 ドイツ司法といっても堅苦しいわけではありません。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: