■2012-07-18

2012-07-25 - ひとこと

 当職自宅2階窓から撮った九州北部豪雨による北東隣家の
ブロック塀、石垣崩落の写真です。



o0700093312078116296.jpg



14日未明、大音響と共に2度にわたって崩落
(東側隣家の証言)。


当家人らは白河夜船で全く気付かず。
午前6時半、東側隣家の電話によって知りました。


現場上下の家屋はいずれも空屋。
幸いにも生活被害はありません。

協力して所有者や消防、建設会社に連絡。
 
見に来た建設会社の人は、家崩落の危険があり、
そうなれば私方もタダではすまないと脅します。
 

午後、2箇小隊の消防の人達が応急の防水シート貼り。
ドシャ降りの迫る中、何とか終了。
小隊長の「撤収」の号令が
「地獄で仏」のように響きわたり、心の中に安堵感を呼び戻しました。
 

私も非力ながら水道(みずみち)確保に、土に埋まった
コンクリート溝フタを開けるなどしたため、
案の定、翌日は腰痛でした。
 

天災は人ごとではないことを実感させられました。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: