FC2ブログ

2018-12-10 - ひとこと

1210hitokotoira01.jpg
  カルロス・ゴーンさんの事件。僕は違う角度から注目しています。
 ゴーンさんの逮捕・勾留・取調べに対するフランスからの疑問・批判の報道です。
  ○勾留期間は、仏では4日間なのに日本では20日間。ナンテ長いんだ。
  ○取調べには弁護士が同席できないため、容疑者は権力に裸でさらされている。
 アメリカの映画などで、警察に捕まったら「弁護士を呼べ」という場面が出てきます。弁護人依頼権を無視すると違法捜査になり、集めた証拠はパーになります。
 日本では、江戸時代からの、罪人をショッ引いて権力の前にさらし自白を得る方式が続いており、人質司法といわれているほどです。
 例のとおり、外圧によって、日本の司法は文明化するかしら。
 と原稿を書いたのが11月27日。今、日本のマスコミも騒いでいます。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: