FC2ブログ

2018-11-04 - ひとこと

1104hitokotoira01.jpg
  文化庁がユネスコに推薦している「来訪神」が無形文化遺産として登録されるようです。地方文化が今後も尊重されることは喜ばしい。
 さて、「来訪神」とは、年に一度、人間の世界に来訪する神様で、仮面に仮装した異形の姿で現れ豊穣や幸福をもたらすそうだ。代表的なのはナマハゲで、これなら毎年テレビで僕も見ます。子どもを泣かしてどこがイインヤネンと思うけど。  北九州にはないよねと思いながら、身近に来訪神もどきはと思いを巡らせると、獅子舞が浮かびました。正月に異界から来たりて舞を舞った上、カプリと人の頭を噛む。噛むことによる厄除けにゴロ合わせの「神付く」と御利益一杯。  ホラ、もう正月ですよ。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: