2018-03-25 - ひとこと

0325hitokotoira_2018032518332664d.jpg
  遠野物語の中に、昔は老人が60才になるとデンデラ野に棄てられたというルールがでてきます。
 仮に、高齢になるとデンデラ野に棄てられるという法律が成立したら、その効力は? もちろん無効です。それは「憲法」に反するからです。
 自衛隊法第3条は、「自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務と……する」と定めるとおり、戦争をする組織(軍隊)として規定されている。決して災害救助が本務ではない。だから憲法学者の殆どは、自衛隊を違憲の存在とみるのです。
 自衛隊を憲法に明記するということは、憲法が自衛隊法第3条を認めることになるので、歯止めが一切なくなります。
 自由に(歯止めなく)戦争できる組織(軍隊)を持つことに反対しましょう。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: