2018-02-17 - ひとこと

0217hitokotoira_201802172205100a1.jpg
  時にはPRも許されるかな。
 交通事故に遭ったら、弁護士に交渉を任せるということ。得になっても損することはないのです。
 キーは弁護士特約にあります。車を運転する人は、必ずといってよいほど任意保険契約を結びます。最近は殆ど弁護士特約付きです。弁護士費用は全部保険会社負担になります。
 もう一つのポイントは、相手方保険会社の損害額算定の規準です。弁護士が介入しなければ保険会社の規準です。弁護士が介入すると裁判所(判例)規準になります。つまり、ダブルスタンダード(二重規準)です。弁護士がいるのといないので被害者を差別するのかとお怒りでしょうが、これが実態です。
 特に慰謝料です。入・通院期間が長いと顕著に差が出てきます。
 弁護士特約には、保険契約者の家族の事故にも適用されるのもありますので、自分のみならず家族が交通事故に遭ったら弁護士特約が使えるかどうか、まず、自分の保険会社に聞いてみて下さい。最初の相談料から保険会社が負担してくれます。


最近のエントリー

トラックバック:

コメント: