2017-02-13 - ひとこと

0213hitokotoira.jpg
「サブリース」って知ってますか?
 サブは「次の」とかの意味で、「また貸し」を言います。
「アパートを建てて、子供達に資産を残し、相続税対策と老後の安定収入を得ましょう。住宅ローンを使うので現金不要、当社が丸ごと借り上げ、30年間家賃を保証します」というのが殺し文句です。 「また貸し」の契約期間は30年としても、「家賃は一定期間ごとに見直す条項」があり「協議が整わないときは借主(業者)は契約を解除できる」ことになっています。
 入居者が減って、業者のうまみがなくなると上記条項がものを言います。解除されればローンが残る。言ってみれば時限爆弾を抱えているようなもの。
 国土交通省は、賃貸管理業者登録制度を設けて管理の適正化を指導する仕組みを作っていますが、登録は義務ではありませんし、登録を受けていることが消費者に特別な保証を与えるわけでもありません。
 昨年9月1日の通知で、時限爆弾についての説明義務を怠った業者について、名前を公表することになりました。
 でも、サブリースは結局自己責任の世界です。



最近のエントリー

トラックバック:

コメント: