2016-07-01 - ひとこと

0701hitokotoira_2016070121263738d.jpg

 6月22日、参院選の公示がなされた。立憲主義を取り戻せるかワクワクします。
 18才の選挙権も認められた。
 僕の18才の青春。ホント政治には無関心だった。
 医学部に進学した親友と二人で間借り生活。遊ぶ人・僕、12時過ぎても一生懸命勉強する彼。それぞれの生活に邁進しようなと半年たたずにお別れ。心の傷など残りはしなかった。
 朝食は、大学生協で飯とドンブリ味噌汁50円、時に冷や奴を添えた。油ギトギトの粗末な食堂で、初めてゴツイ鯨テキを喰ったときの満足感は忘れられない。だって、お袋の作るステーキはしっかり焼くため、コテで肉を押さえつけ肉汁をスッ飛ばしていたから。料理の下手だったお袋、ゴメンナサイ。
 生協カフェで飲んだホットミルクも忘れられない。ハチ蜜が加えられていると教えられ、知った蜜の味。
 無理矢理(?)連れて行かれたダンパ(ダンスパーティ)。完全に壁のハナ。二度と行くもんかと嘯いた。
 あまりの不条理に神はいないのかとばかり、夏休みにはアンドレ・ジイドの背信の世界から入り、ドストエフスキーを読破。そして神などいるもんかと、サルトルにのめり込んだ。難しい論理の世界に遊んだことが、後の司法試験合格に実を結んだかも。
 疾風怒濤の18才! はオオゲサかな。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: