2016-05-18 - ひとこと

0518hitokotoira.jpg

 「百年名家」というテレビ番組をよく見ます。今回、「隼」という零戦と並ぶ戦闘機を制作した会社の創業者が建てた戦前の建物の紹介でした。
 それは、それは宮廷風建築様式の、まことに豪華極まりないものです。日本建築それも宮廷風の芸を尽くしたもので、文化遺産として誇れるものです。
 でも、ちょっとヒネくれた僕。この資金はどこから得たものかって考えてしまいます。戦闘機の売り先は国でしょう。ジャブジャブ儲かって超豪華建物まで造れるほど、国から金を引き出したということです。
 戦争は大いなる商機で、この名家は政官財癒着の象徴と解釈してしまいました。
 なお、会社は現在の富士重工です。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: