2016-03-16 - ひとこと

0316hitokotoira.jpg

 「判官(ほうがん)びいき」と言う言葉は、義経への同情から一般的に弱者の味方をする意味に広がりました。また、「弱きを助け、強きを挫く」という、より実践的な行動主義的スローガンもあり、弱者に対する日本「人」の心意気を示しています。
 ところで、日本「国」はどうか。強いアメリカの言うことにはヘイヘイのみ。沖縄に対しては和解協議をうたい裁判を終了させながら、直ちに是正指示をする強権振り。
 3月7日に公表された国連女性差別撤廃委員会の日本政府に対する勧告-女性だけの再婚禁止期間の廃止、夫婦同姓の差別性の改善、セクハラ禁止、慰安婦問題での被害者尊重-についても、法的拘束力を否定する立場から、たぶん知らん顔するでしょう。
「保育園落ちた。日本死ね!」のブログは、弱者の血を吐く思いが僕らには伝わるのに。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: