2016-02-24 - ひとこと

0224hitokotoira.jpg


次の発言の主は誰でしょう。
「われわれはこの集団(ISのこと)の勢いを止め、背骨を折らなければならない。われわれの目的をイスラム国の抑止や封じ込めではなく、彼らを打倒し、破壊することに据える必要がある。……われわれはより大きな成果を上げるために、有志連合に参加するメンバーを増やし、空爆をもっと強化しなければならない。」
ヒラリー・クリントンさんの昨年11月の講演です。
夫の不適切な行動をじっと耐えた印象がありますが、実は夫の背骨を折りたかったのではないでしょうか。
僕には、戦争を防ぐのは「女性の非好戦性」というイメージがあるのか、女性政治家のタカ派的言動がスゴク気になります。「電波停止」とか「八紘一宇」とか……。
慈愛に充ちた女性政治家なんて幻ですか。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: