2016-01-21 - ひとこと

0121hitokotoira_201601211304132f8.jpg

 年末、久し振りに映画「スターウォーズ」を観ました。
 ジェラシックワールドの記録を破る635億円のオープニング記録を打ち立てたというから、さぞや観客は多かろうと想像し、前日にシートをゲットしました。
 ところが観客は疎ら。拍子抜けです。
 でも、僕は宇宙の戦争もの大好き人間。特にスターウォーズは全作を観てきました。
 前評判の高さに大きな期待。いや期待が大きすぎました。感動したいろいろな場面のグレードアップが頭の中で起こっていたようです。
 物語のプロットは第一作のパクリで新鮮味を感じません。戦闘場面も工夫や深みに欠けます。これは、制作者のジョージ・ルーカスとディズニーの違い、つまり大人と子どもの違いとみました。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: