2015-08-05 - ひとこと

0805hitokotoira.jpg

 猛暑の中、冷たくしたピオーネという種なしブドウに出会った。
 巨峰とマスカットを交配したもの。ピオーネとはイタリア語で「開拓者」という意味。色はといえば、マスカットとの交配にも拘わらず、「黒い真珠」といわれるほど濃い。
 味は甘くて、特に気に入ったのは皮と実がツルリと分かれること。巨峰との大きな違いで食べやすい。
 種なしは、花満開後にジベレリン(植物ホルモン)という液に一房ずつ浸す処理を施している。手間がかかっている分高値なのは仕方ないか。
 ジベレリンは日本人が発見したそうですよ。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: