2015-06-17 - ひとこと

0617hitokotoira.jpg

 平成26年度犯罪白書等の統計によると犯罪は増えた? ノーです。平成14年と25年を比べると半減以上(48%)です。
 殺人事件は? これもノー。1950年以来、減少を続けています。一日当たり2.6人。世界で最も殺されるリスクの少ない国です。
 にも拘わらず「治安は悪くなった」という人は増えています。統計とのギャップは何でしょうか。
 ところが、高齢者犯罪は増加の一途です。平成6年から平成25年に4倍。人口比でも平成6年の2倍となっています。窃盗事犯の74%を占めていることから、生活困窮が原因かな。
 知っていますか。受刑者一人当たりの刑務所経費は年間250万円。対して一人暮らしの生活保護費は130万円です。高齢者であればプラス医療費と介護費。
 イタリアの刑罰制度は賢い。「刑罰執行裁判所」というものがあり、70才以上の人は保護観察処分となり、原則服役しないのです。
 「刑罰は人道的なものでなくてはならず、更生を目的とす」という憲法(第27条)が日本の「ムショ暮らし」との違いを際ださせています。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: