2014-12-24 - ひとこと

1224hitokotoira.jpg

 もう50数年前のこと。
 1960年6月6日、中国を訪れた日本文学代表団との会談で、中国の陳毅副総理は、
「われわれは過去のことは過ぎ去ったものにしようと言い、あなたたちは日本人として過去を忘れてはいけないと言う。そうであるなら、両国人民は本当の友好を実現できるでしょう」
「逆に、われわれが日本人を恨み続け、あなた方日本人が中国を傷つけたことをきれいさっぱり忘れてしまうことになったら、日中両国はいつまで経っても友好関係を実現することはできないでしょう」
と語っていた。
 従来、曲がりなりにも日本は前者の道を歩んでいた。今、後者に舵を切ってしまった。
 何とも大人げないことをしてしまったよね。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: