FC2ブログ

2018-08-26 - ひとこと

0826hitokotoira01.jpg
  我が家のリビング。壁一面をブチ抜いたガラス戸満面に、百日紅(サルスベリ)の鮮やかな紅ピンクの花。本当にキレイ。妙見宮参道黒原階段にありますが、リビングからは庭一つ離れたところ。
 足立山からの吹き下ろし(涼or熱)風にリズミカルに揺れる。
 あたかも熱闘甲子園のチアガールのボンボンのようです。
 お盆過ぎて、花が散り始めました。
 やっと猛暑の終わりの始まりかな。
 皆様、お疲れ様でした。

2018-08-18 - ひとこと

0818hitokotoira01.jpg
  栃木県日光市の小学1年女児殺害事件の東京高裁は、「取調べの映像」を被告人の供述の信用性の証拠として重要視することを違法とした。
 正しい。取調べの映像は、密室の取調べを可視化して適正な取調べが行われているのかをチェックすること(「手続」の適正)にあり、供述が真実かどうか(「実体」の真実)のためではないから。
 この前、担当した国選事件で、取調べの映像を2時間にわたって見ることになった。
 取調官の後方左側からの撮影で、取調官の後ろ姿(上半身)と対象者の前面上半身の画像に事務的な質問がなされていく。
 違和感あり。精神的に追い詰められたら、相手の顔色を窺うのが道理。取調官は気に入らない返事があると眉を顰めたり、鋭いガンを飛ばしたり、良い返事だと愛い奴だと頬をゆるめる面面相を演じている筈。それが見えない。




2018-08-14 - ひとこと

0814hitokotoira01.jpg
  「民は由らしむべし、知らしむべからず」の出典は論語。本来の意味は、人民を従わせることはできるが、なぜ従わねばならないのか、その理由を分からせることは「難しい」という意味に過ぎなかったものが、江戸時代に、民に理由を理解させる「必要はない」という為政者に都合のよい政治原理へと転化した。
 事実そのものの全否定(シラを切る)に始まり、論点はずしの答弁(ゴマカシ)、丁寧でない説明、膿を出さない上っ面(つら)の調査(言葉遊び)、挙げ句の果ての公文書隠しや偽造のアベ政治。
 日本国建国後70数年間の中で、最悪の国民切り捨ての政治状況です。否、「日本の議会制民主主義は死んだ」と断言する政治学者すらいるんです。
 でも、僕らにはレッドカード(票)があることを奴らに知らしめてやらなければ!




2018-08-05 - ひとこと

0805hitokotoira01.jpg
  暑い! の一言で終わらせたい誘惑に抗して、毒喰えば皿までのニュース。
 ハワイのキラウェア火山の噴火。溶岩がドッと流れて観光に打撃がと思いきや、
 ナント、火山現地ツアー、溶岩台地ハイキング、溶岩ツアーなど、転んでもタダでは起きない観光プランに人気が一杯、ブームとなっているそうだ。
 7月17日には、ハワイ溶岩見学ツアー船に、噴出した溶岩直撃で23人がケガまでした。
 心頭滅却すれば…ということわざがありますが、暑さに惹かれる人も一杯いるんです。




最近のエントリー

トラックバック:

コメント: