2017-10-28 - ひとこと

1028hitokotoira_201710281814264b0.jpg
  「規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し、または携帯する権利は、これを侵してはならない」(米合衆国憲法修正第2条)。
 個人が武装する権利を基礎づける条項で、全米ライフル協会が金科玉条としている。
 僕は、ハロウィンの時に日本の留学生が射殺された事件を念頭に、家に銃を備える権利位に思っていましたが、トンデモない誤解でした。
 オープン・キャリー(Open carry)といって、ホルスターあるいは生身など他人に見える状態で携帯することが、ワシントンDCや三つの州を除いて認められているんですって。まるで西部劇です。
 8月12日、ヴァージニア州シャーロッツビルで開催された白人至上主義者のヘイトスピーチ集会で、抗議する人々に車が突っ込んだ事件がありました。
 ここに結集した白人至上主義者らの中に、銃で武装した者が多くいたそうです。
 警察が積極的な介入ができなかった原因といわれています。それでも二倍の1000人の反対者が銃に萎縮しないで集まったなんて頭(こうべ)が垂れます。

2017-10-22 - ひとこと

1022hitokotoira.jpg
  本当に戦争か。
 10月5日、トランプ大統領は、米軍幹部をホワイトハウスに集めて協議会を行い、その後の夕食会で報道陣に対し、「これが何を意味するか。嵐の前の静けさだよ」と発言。
 「嵐の前の静けさ」の意味を問われると、「今に分かる」と。ウム恐い。
 そして、10月8日には、ツィッターで「(これまでの北朝鮮との)合意はインクが乾く前から破られ、米国の交渉者らを笑いものにしてきた。すまないが、ただ一つのことしか機能しないだろう」と書き込んだ。
 これがハッタリでなければ、外交を見限り、戦争へと舵を切ったとしか思えない。
 現にギブ・コーカー(共和党)上院議員が、ニューヨーク・タイムズのインタビューで、「トランプは第三次世界大戦への道を歩んでいる」と警鐘を鳴らした。
 盟友のアベはトランプを諫めるべきと思いますが! 一緒にヤッチャいそう。



2017-10-14 - ひとこと

hitokotoira_20171014221558f10.jpg
  朝日新聞の声欄に考えさせられる投書を見ました。少しアレンジすると、
 電車の座席に座っていると、杖を頼りにゆっくり歩くおばあちゃんと、赤ちゃんを抱っこしている女性が、同じタイミングで乗ってきて近くに立ちました。
 席を譲りたいのですが指定してよいでしょうか。指定できます。公共(誰のものでもない)のシートですが、座っていることで占有権が発生しますので、権利の譲渡ができるのです。
 でも、黙って立って、二人の選択に委ねた方がいいかもしれません。
 ところが、隣に座っていた大学生風の男女二人が横に広がり、三人分の座席を二人で占有してしまったそうです。
 席を立つことによって直ちに占有権はなくなるのでしょうか。客観的外形からいえばそうでしょうが、座っていた人の意図からいうと席を譲る目的で立ったのですから「占有意思」まで放棄したとはいえません。
 権利の存在は、主観的意思も評価の対象になります。「この人『達』を座らせてあげて」と二人とも座らせるよう声をあげて、大学生が顔を赤らめるのを楽しみましょう。

2017-10-08 - ひとこと

1008hitokotoira.jpg
  韓国の朴槿恵(パク・ウネ)前大統領が犯罪捜査の対象となった。歴代大統領で4人目です。全斗煥(チョン・ドゥファン)と盧泰愚(ノ・テウ)が、1996年8月26日の初公判で、仲良く手を握り合っていた写真が強く印象に残っています。
 何故、韓国では権力者の不正がこんなに厳しく追求されるのでしょうか。
 それは、韓国の政治を支える理念が「真正性」にあるからだそうです。
 大韓民国の憲法第1条「大韓民国のすべての権力は国民に由来する」ところから、政治を委ねられる政治家には「単なる修辞にすぎない言葉を発するのではなく、責任倫理に耐えうる真摯な行動をすべき」義務(真正性)が課されるというわけ。
 慰安婦問題についての日韓合意に対する韓国民の反対、日韓の歴史問題の遠慮のない追及など、「真正性」が国民の根っこにあると考えれば納得です。
 対照的に、日本人のナアナア精神の甘さが見えているようにも思います。
 今回の選挙、国民主権の日本でも「真正性」にならい、政治家の言葉でなく行動を判断対象にしましょう。

2017-10-01 - ひとこと

10001hitokotoira.jpg
  Kタクシー会社の助手席背に大型のカードがブラ下がっている。親子らしき三匹の亀のイラストに「ゆっくり運転希望の方は、このカードを運転手に提示して下さい」と書いてある。
 運転手さんに聞きました。「どんな人の提示を考えているんですか?」「妊婦さんや小さい子ども連れの方です」
 ナルホド、確かに、優しい心づかいです。
 まれに、思わず「神様、仏さま、イエスさま」と手を合わせて無事を祈る運転に出会うことがありました。
 「急いでないのでゆっくり運転で」と言いたいところをグッとこらえてきました。だって、ヤブ蛇になるかも知れないから。
 これからはこのカードをと思いましたが、僕が提示するとイヤ味にならないかしら。色メガネで見てしまったかな。運転手さん、ゴメンなさい。




最近のエントリー

トラックバック:

コメント: