2017-02-24 - ひとこと

0224hitokotoira_20170224231354cd8.jpg
姫野カオルコの「昭和の犬」を読んだ。イクという少女の半生にわたる小説。様々な犬がバイプレイヤーとして登場。ワンちゃんの心像や交流がイキイキとしている。そういえば僕の生活にも犬や猫が結構いたっけ。
 特に「ポチ」は気位が高く18年にわたって我が家に君臨。子ども達におポチ(様)と呼ばせた。
 玉屋デパートで1万円(もっと安かったかも)で購入。柴とテリアのミックス。体格は柴、尻尾も格好よく丸まって、足はテリアのように逞しく太い。顔はというと、耳は柴らしくピンと立ち、口・鼻・目はテリアでショボショボだった。
 ある夏休み、家族で長期旅行することになり、ポチを実家に預けた。置いてけぼりにされた腹イセか出奔した。 それまでも雷が鳴ると家を飛び出し1~2日不在のことがあったので、帰ってくるとタカをくくっていたが・・・。
 1ヶ月位経て、家族でタクシーに乗って外出。家から5分くらいの県道で子どもが「あっ、おポチ」と声をあげた。 ストップしてもらって、子どもの視線先を見ると、小さな鉄工場の門口にポチが胸を反ってお座りをし、道路を悠然と眺めている。 かたわらに赤いリボンを付けた白いマルチーズがチョコンと寄り添っている。
 車から降り、「ポチ」と呼んで近づいて行った。ポチは僕を認めるやカクンと頭を垂れ「見つかってしもた」と体裁が悪いという風情。 両前足の下に手を入れて抱えたが、全く抵抗もせず、お定まりの別離の悲劇もなかった。
 帰宅後は何もなかったかのように振る舞った。彼女はいたけど居候の身では彼の気位からして辛かったのかも知れない。
 なお、面倒をみて頂いた先にはそれなりのお礼はさせて頂きました。


ページのトップへ戻る TADA-Counter

2017-02-18 - ひとこと

hitokotoira_20170218114742b5f.jpg
 文科省の天下りあっせん問題。歴代の人事課長8人の参考人証言から組織ぐるみであっせんシステムを構築していたことが明白となった。
 文科省は、公教育つまり「個」の上に「公」を置く教育(公民教育の名の下の愛国心や道徳)を強行してきた。
そこが、「公」より「個」というより「己」の保身を組織ぐるみで図ってきたというのだから、ゲッと言うほか言葉がない。
 前事務次官は「万死に値する」と証言したが、まさに当たっており、文科省は教育(社会の中で個人の成長を促すこと─「利己」主義とは決して相容れない)を施す資格はない。



2017-02-13 - ひとこと

0213hitokotoira.jpg
「サブリース」って知ってますか?
 サブは「次の」とかの意味で、「また貸し」を言います。
「アパートを建てて、子供達に資産を残し、相続税対策と老後の安定収入を得ましょう。住宅ローンを使うので現金不要、当社が丸ごと借り上げ、30年間家賃を保証します」というのが殺し文句です。 「また貸し」の契約期間は30年としても、「家賃は一定期間ごとに見直す条項」があり「協議が整わないときは借主(業者)は契約を解除できる」ことになっています。
 入居者が減って、業者のうまみがなくなると上記条項がものを言います。解除されればローンが残る。言ってみれば時限爆弾を抱えているようなもの。
 国土交通省は、賃貸管理業者登録制度を設けて管理の適正化を指導する仕組みを作っていますが、登録は義務ではありませんし、登録を受けていることが消費者に特別な保証を与えるわけでもありません。
 昨年9月1日の通知で、時限爆弾についての説明義務を怠った業者について、名前を公表することになりました。
 でも、サブリースは結局自己責任の世界です。



2017-02-04 - ひとこと

00hitokotoira.jpg
昨年12月19日、最高裁大法廷で、ある判決(正確には決定)がなされた。今まで預貯金債権は、相続開始(名義人の死亡)と同時に相続分に応じて分割されるとなっていたものが、ノーと真反対になってしまったのです。

 どう困るか、具体的例を示します。
 夫婦二人暮らし。子どもは授からなかった。夫死亡、預金が1000万円残った。相続人は、妻(3/4)と夫の兄弟姉妹。妻と夫側の親族とはつき合いがなかった。
 従来の見解だと、妻は銀行に750万円請求できる。ただ銀行窓口は、頑なに相続人全員の印鑑を要求して支払いを拒否します。相談を受けた僕は、「ハイ、裁判しましょう」と言って銀行相手に裁判をして解決です。他の相続人に迷惑をかけることもありません。
 新判例だと遺産分割の協議が必要です。兄弟姉妹の住所を探し出し、連絡をとって協議。ダメなら調停です。兄弟姉妹の誰かが行方不明だとしたら? 不在者の相続財産管理人を選任しなければなりません。
 何という煩わしさでしょう。
 最高裁は、相続財産が預貯金だけでなく、不動産・株・その他諸々ある遺産分割を念頭に、融通性のある預貯金を遺産分割の公平を図る便利な道具と見立てたのです。
 弱者切り捨てのちっちゃな一面でしょうか。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: