2015-10-28 - ひとこと

1028hitokotoira.jpg

 僕の手元に「弁護士のためのメンタルヘルスガイダンスブック」なるものが届きました。
 表紙から全32頁にわたるパンフレット。日弁連が開設した弁護士のための心の相談窓口「日弁連メンタルヘルスカウンセリング」に伴うものだそうです。
 日弁連の動きについては、機関紙など一応目を通してはいるのですが、エッ、こんなことまでするの、という思いで手にしました。
 離婚や親子関係、交通事故や金銭トラブルなど相談を受ける中で、世の中病んでいる方が多くなってるなとは感じていましたが、まさか同業の中も同様だったとは。
 確かに鈍感な僕でも、気になる事件については、極端に言って、24時間頭から離れません。これをストレスというのでしょうが、でも「弁護士」だからしょうがないよネと割り切れてる僕もいます。
 パンフレットはゴミ箱に直行しました。

2015-10-21 - ひとこと

1021hitokotoira.jpg

 イチローが、10月4日のシーズン最終戦フィリーズとの試合でマウンドに上がった。2本の二塁打を浴びて1失点。まあまあと言うべきか。でも本人は不本意だったみたいで「二度とピッチャーの悪口は言わない」とコメント。
 思い出すのは日本でのオールスター戦。ゴジラの打席で、パの仰木監督はイチローをマウンドに。対するセの野村監督は、代打にヤクルトの投手高津を送って勝負を避けた。イチローはホームランを打たれようとも失うものはない、片やゴジラはホームランで当然。ゴジラの面子を慮った野村監督らしい損得(合理的?)勘定だった。
 オールスターは、真剣勝負と遊びの混ざったお祭りと考える僕としては、対戦を見たかったなぁ。勘定合わせなら、イチローの打席でゴジラをマウンドに送ればいいでしょうに。

2015-10-14 - ひとこと

1014hitokotoira.jpg

 アメリカの政治学者ローレンスブリット博士は、ファシズム体制を研究した結果、2003年に14の特徴を発表しました。
 以下は、福岡教育大学 西崎綠先生による意訳です。

1.強力で継続的な国粋主義、国旗国歌の推奨
2.人権無視
3.統一を乱すものとして反対派や少数者を攻撃対象と位置付け先導する
4.軍事最優先とし、他の解決すべき問題があっても、予算を軍備増強にあてる
5.男女役割分業の強化、性的マイノリティの排除、家庭の安定を謳って家庭に政治介入
6.マスメディアへの直接間接介入や情報の管理統制の強化
7.国の安全保障が脅威にさらされていると宣伝し、一般市民を誘導する
8.宗教と政治を混ぜ合わせようとする、また宗教で使用されている言葉を政治に使い反対する者を神への反逆者と印象づける
9.財界の意に沿う政策を行い、財界に有利な法制度を崩さない
10.労働者の力を抑制する、労働組合を攻撃する
11.知性や芸術への攻撃、排除
12.厳罰化と警察権力の増強および市民的自由の剥奪
13.お友達優先のお手盛り人事
14.公正な選挙を妨害


 安倍政権ピッタシです。

2015-10-07 - ひとこと

1007hitokotoira.jpg


 お年寄りが自宅で強盗に襲われ、ケガをさせられた上、
預金通帳と印鑑を奪われた。
 預金をおろそうとした犯人を捕まえてみれば、
何と20年来便りの無かった息子だったという事件がつい最近ありましたね。
 息子は強盗傷人ですから無期または6年の懲役に該当します。それでも、ひどい目にあったお父さんの、息子を助けたいという一心が裁判官に通じれば、罪一等減じて懲役3年執行猶予付、という判決も理屈上は考えられますが、裁判はそう甘くはないでしょう。
 たぶん、息子はハナからケガなど考えてなく、窃みのつもりだったと想像します。
 それだと窃盗にすぎないので、「親族間の犯罪に関する特例-親族相盗例と呼びます」の規定により、「親子の場合は同居してなくとも刑の免除」と定められており裁判にもなりません。
 息子が、息子と思い出すヒマもなかった父とハチ合わせになったことがウンのツキだったのでしょう。
 親族相盗例は、「法は家庭に入らず」という思想の下に規定されたものですが、何となく古めかしさを感じます。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: