2015-08-26 - ひとこと

0826hitokotoira.jpg

 日本政府は、8月11日、2年ぶりの再稼働として原子炉を起動した。九州電力川内原子力発電所1号機である。
 折しも、近くの桜島の火山活動が活発化し、噴火警戒レベル4(避難準備)となった。
 僕には桜島が再稼働に抗議し、怒りを発しているかのように思えます。
 大正大噴火(1914.1.12)の時は、大隅半島と地続きになり、噴き上がった火山灰はオホーツク海にまで届いたという。
 火山列島の日本に原子力は危険です。生かすなら地熱発電でしょう。

2015-08-19 - ひとこと

0819hitokotoira.jpg

 『戦後70年』という言葉がモノスゴク飛び交っている。
 70歳までの人は戦争を知らない。もちろんボクも例外ではない。
 戦後生まれの人に『平和ボケ』という悪罵を投げかけるある種の人たちがいる。
 戦争を経験していないことが、戦争をおそれることが悪でもあるかのように。
 このセリフを吐くのも戦後生まれの連中だ。
 戦争経験者は口を合わせたように戦争は絶対ダメと言われる。
 生命を賭けた貴重な経験に基づいた意見こそ胸に刻むべきことと改めて思う。

2015-08-12 - ひとこと

0812hitokotoira.jpg

 「わっしょい百万夏まつり」の花火大会。北九州マッツの前コーチ所有ビルの屋上バーベキューに招かれて見物。
 丁寧に水やりをして、火照ったコンクリートを冷やしてのおもてなしです。
 涼しい風に冷たいビール、最高の心地。
 花火大会の最初から最後まで見物するのは、ナン十年振りだろうか。
 息つく暇もない花火の連続打ち上げ。華やかさとスサまじさに圧倒されてしまう。
 僕の小さい頃の花火大会は違ったよなと思う。ヒュルヒュル、パーンと単発式。次の花火は、菊、星それとも柳と思いをめぐらし、ユッタリと楽しんだものだ。
 「花火大会」という風情が濃厚にあった。

2015-08-05 - ひとこと

0805hitokotoira.jpg

 猛暑の中、冷たくしたピオーネという種なしブドウに出会った。
 巨峰とマスカットを交配したもの。ピオーネとはイタリア語で「開拓者」という意味。色はといえば、マスカットとの交配にも拘わらず、「黒い真珠」といわれるほど濃い。
 味は甘くて、特に気に入ったのは皮と実がツルリと分かれること。巨峰との大きな違いで食べやすい。
 種なしは、花満開後にジベレリン(植物ホルモン)という液に一房ずつ浸す処理を施している。手間がかかっている分高値なのは仕方ないか。
 ジベレリンは日本人が発見したそうですよ。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: