■2013-02-20

2013-02-27 - ひとこと

0000hitokoto.jpg

 よりによって、バレンタインの日に、DV(家庭内暴力)の研修がありました。
 女性からのDVも無いわけではありませんが、殆どは夫から妻へのDV想定です。
 本質は、夫による妻の支配であり、言動から暴力にわたると理解しました。

人を支配し、隷従という屈辱的立場に貶めることは、人格の尊厳を根本から傷つけるという
「精神医学的事実」を直視させられました。体罰も同じ根っこでしょう。

 被害者には、身の安全の保障や長期的心のケア等が必要となります。
安全保障については、裁判所の保護命令制度があり、妻と夫を隔離しますが、
妻が子どもを連れて生活する場合には、父が子どもと会えなくなる事態の生じることも
制度の病理的部分として浮かんできました。

 今回、改正された家事事件手続法のように、子どもの意見を聞く制度でもあればいいのでしょうが、
保護命令制度は地方裁判所ですので、子どもが可愛くてたまらない父親の悲劇は終わらないでしょう。

■2013-02-15

2013-02-20 - ひとこと

0220hitokoto.jpg

  2月9日は、「フグの日」でした。
下関の協同組合「下関ふく連盟」が語呂合わせで制定したものです。
 フグの水揚げ量世界一を誇る南風泊(はえどまり)市場では、
11日に「ふくの日まつり」も催されましたが、まだ行ったことはありません。
 子ども達と初めて「フグ刺し」の大皿を前にしたときです。
僕は、いつもどおり薄いフグ一切れでネギを巻き恭しく食べることしか念頭になかったのですが、
子どもはお箸の一方を整然と並んでいるフグ列の手前から奥の方へズズッと差し込むと、
そのまましっかりはさんで持ち上げ、口に運ぶではないですか。
呆気にとられました。
 以後、別皿にするか、あらかじめ領域を分けることにしました。
 フクは「福」にも通じるとして縁起の良い魚といわれますが、「死」にもつながっています。
著名な事件は、歌舞伎役者で人間国宝 板東三津五郎中毒死事件。
卑しいことに肝を、もう一皿、もう一皿と4人前も食べたんでは……。
 本望だったでしょう。          合掌

■2013-02-06

2013-02-13 - ひとこと

0213hitokoto.jpg


 docomoの「手のひらに明日(あした)をのせて」という
TVコマーシャルのキャッチコピーを見たとたん、
頭に浮かんだのは孫悟空です。
 天界に攻め込んだ悟空。
お釈迦様に「手のひらから飛び出せるか」と挑発され、觔斗雲に飛び乗ってひとっ飛び。
天の果てに現れた5本の桃色柱。
真ん中の柱に、証拠として「斉天大聖、ここに至りて一遊す」と墨書し、
オマケにションベンをひっかけて引き返した。
 御存知のとおり、
墨書した柱はお釈迦様の中指だったというオチ。
 スマホとかが孫悟空で、変幻自在を表すのでしょうか。
それを持つあなたへの、「お釈迦様のように全てをあやつれますよ」というメッセージとCMを受け止めました。
 ソフトバンク(「孫」正義氏)のキャッチコピーだと完璧かな。

■2013-01-31

2013-02-06 - ひとこと

hitokoto0206.jpg


 1月27日の北九州市議会議員選挙の門司区では、波田千賀子さんが当選。2期目となりました。
 これからも、波田千賀子さんの無料生活法律相談活動のお手伝いをし、
門司区民の方の暮らしと生活向上に少しでもお役に立てるかなと嬉しく思っています。

 それにしても投票率が40%少しで過去最低というのは、どういうことでしょうか。
 財界や大企業に顔を向けていた長年の自民党政治に断を下して、民主党に政権が交替しました。
 僕は民主党支持ではありませんが、少しは国民の方に顔を向けた政治になるのではと大いに期待しました。
たぶん国民の殆どがそうだったのでしょう。

 ところが、民主党の背信ぶりは目を覆うばかりでした。国民が政治(家)不信に陥ったのは無理もありません。
 後釜を第3極といわれる勢力が狙ってますが、どうも同じ穴の狢にしか見えません。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: