2018-07-14 - ひとこと

0714hitokotoira01.jpg
  やっぱりサッカーに一言。
 早めに就寝。覚めたのはAM3:40。 前半が終わる!
 点差が開いてたらオヤスミだ。とスイッチオン。何と0:0。ヘッドホーンで静かに視聴。後半すぐに、原口蹴り込む。「ヤッター」と諸手で 天突き。乾に「イケイケ」と声掛け、見事なシュートに「ワォー」と握りコブシでガッツポーズ。そこに、眠り込んでいた連れ合いの「ウルサイ」の一喝がかまされた。
 残り40分。「(点取りが)早過ぎ、早過ぎ」と不安がよぎる。
 遂にというか、不安が当たり、あとはハラハラ、ドキドキで奥歯を噛みしめるしかなかった。
 でも八咫烏ジャパンに惜しみなく拍手。




2018-07-09 - ひとこと

0709hitokotoira01.jpg
  森友学園問題で、大阪地検は佐川前理財局長ら国側の当時の関係者を不起訴にした。
 これを持って、窮極の第三者委員会の判断があったとするムキがある。
 チョッと待った。刑事訴追をするかしないかの大原則は、「疑わしきは被告人の利益に」である。つまり、100%有罪になる見込みがない限りゼロという原則。
 政治疑惑の事件であれば、「疑わしきは国民の利益に」、一歩譲っても「疑わしきは国家の利益に」が原則でしょう。国民の4分の3位が疑いを持っている森友学園問題。刑事不起訴で幕引きができる筈がない。

2018-07-01 - ひとこと

0701hitokotoira01.jpg
  朝鮮学校への補助金支給をめぐる問題で、ネット上の呼びかけに応じ、弁護士に対する大量の懲戒請求がなされたことはまだ記憶に新しいでしょう。
 同業者として同情していたところ、僕も懲戒請求されたらしい。「らしい」というのは、請求の御仁本人から、直接僕に請求書の写しが送られてきたから。
 この御仁は、過去、町内会長に損害賠償請求の裁判を起こした実質的当事者で、僕に完敗した人。従って信頼関係など何もありません。
 6月11日に、この御仁から「文書」で一方的に事件受任のお願いがなされた。僕に受任するかどうかの「検討義務」など発生する筈もありません。
 すると6月18日に「何の連絡もない」「弁護士法29条を知っとるか」とTEL。「僕を威すのか」と言って電話を切ったのが本件。
 弁護士法29条というのは、「弁護士は、事件の依頼があった時は、速やかにその諾否を依頼者に通知しなければならない」というもの。
 件(くだん)の懲戒請求書中には、(30年前から)「前野は革新を標榜しながら、金もうけのためなら悪にもつく人間だと不信を持っていたとある。そんな弁護士に、文書で一方的に事件の依頼をお願いして返事を強制するなんてオカシイでしょう。
 あら、ゴシップを書いてしもた。自己嫌悪!




2018-06-23 - ひとこと

0623hitokotoira01.jpg
  浜矩子同志社大学大学院教授の随想(全国商工新聞)を読んで、クスッと笑ってしまいました。
 「日本国民は…平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」(憲法前文)を引用し、自国の生存保障を他者の「まともさ」(公正と信義)に委ねていることの日本の素晴らしさを指摘。ところが、日本の政治状況は、公正と信義は地に落ちていると嘆く。そして結びは、「信義」なきところに「(国会)審議」なし。「公正」なきところに「厚生(労働省)」なしと決める。
 語呂合わせだけど、エスプリがスゴく効いています。




2018-06-17 - ひとこと

hitokotoira01.jpg
  今年も行ってまいりました。メインは全身をスキャンしてガン細胞の有無等を調べる人間ドックです。
 もう数年続くので、あちらさんも心得たもの。要領説明も簡単にスラスラ進行。
 最後に、取り立ての画像をもとに検診医の説明を受けました。去年の画像と比較して、「どこも変わりありません。特に異常もありません」だって。
 ああ、また検査費用がドブに。と貧相な考えが頭に浮かぶ。イヤイヤこれでガンの心配することなく一年間働ける喜びを噛みしめなくてはと思い直した。
 血液検査やエコー検査等を含めた診断結果は2週間後に送られてくる。
 たぶん健康体の筈です。





最近のエントリー

トラックバック:

コメント: