2018-02-17 - ひとこと

0217hitokotoira_201802172205100a1.jpg
  時にはPRも許されるかな。
 交通事故に遭ったら、弁護士に交渉を任せるということ。得になっても損することはないのです。
 キーは弁護士特約にあります。車を運転する人は、必ずといってよいほど任意保険契約を結びます。最近は殆ど弁護士特約付きです。弁護士費用は全部保険会社負担になります。
 もう一つのポイントは、相手方保険会社の損害額算定の規準です。弁護士が介入しなければ保険会社の規準です。弁護士が介入すると裁判所(判例)規準になります。つまり、ダブルスタンダード(二重規準)です。弁護士がいるのといないので被害者を差別するのかとお怒りでしょうが、これが実態です。
 特に慰謝料です。入・通院期間が長いと顕著に差が出てきます。
 弁護士特約には、保険契約者の家族の事故にも適用されるのもありますので、自分のみならず家族が交通事故に遭ったら弁護士特約が使えるかどうか、まず、自分の保険会社に聞いてみて下さい。最初の相談料から保険会社が負担してくれます。


2018-02-12 - ひとこと

0212hitokotoira.jpg
  1月30日の衆院予算委で、立民の長妻議員が森友問題に関し「値引きの根拠が不充分」と追求、更に、虚偽答弁をした「佐川国税庁長官の更迭」を求めたことに対するアベ首相の答弁如何?
 読売新聞は「これまでも質問には丁寧に説明してきた。今後もしっかり説明していくと『冷静に』かわした」と報道。
 このさりげない副詞「冷静に」に僕はカッとなりました。
 答弁内容はともかく、態度は立派とヨイショしているのだから。
 権力「者」を監視するジャーナリズムではないでしょう。



2018-02-05 - ひとこと

0205hitokotoira.jpg
  アダモの♪調べで
「雪は降る
タクシーはこない……」
 足立山の麓にある僕の住まい。坂道のため、雪が積もるとタクシーストップ。
「タクシーはこない
いくら呼んでも
白い雪がただ降るばかり
ララララ ムムム……」
 出勤時間を大幅に遅らせて、何とか仕事に出かけられました。
 雪の話をもう一つ。先日、新聞記事で知ったのですが、「雪やこんこん」の「こんこん」とは? というもの。
 雪や「来む来む」が現代的に変容したというのが一つの答えでした。子ども達が雪やこいこいと、庭を駆け回る犬とともに喜んで雪を招いている図です。
 大人とは大違い。

2018-01-27 - ひとこと

0127hitokotoira_20180127122144cd0.jpg
  子どもや孫を叩いては絶対ダメですよ。夫婦どおしの暴力や暴言も見せたり聞かしたりしてはダメです。
 最近の脳科学の成果が示しました。体罰や暴言、DVの目撃など、不適切な養育は、脳の前頭前野、聴覚野、視覚野などに発達上のマイナスの影響を与え、いわゆる「発達障害」の症状が顕れます。
 成人しても、フラッシュ・バック(突然かつ鮮明に意識や夢に蘇ること)によって抑うつ症状が出るそうです。
 手を挙げたり怒鳴ったりせず、かといって放任するわけでもない「ポジティブ・ディシプリン(前向きなしつけ)」が提唱されています。
 簡単にいうと、御褒美で釣ることです。物ではなく言葉でもいいのです。
 大人でも賞をもらったらイキイキとしているでしょう。

2018-01-21 - ひとこと

0121hitokotoira_2018012110314330f.jpg
  年末、スターウォーズ「最後のジェダイ」を観ました。第1作から見続けています。
 今回はストーリー、スッキリ。制作がディズニーに移ったせいでしょうか。今迄の面白い場面が随所にパクられ、第1作のレイア姫やスカイウォーカーの年相応の貫禄に懐かしさも覚えました。
 4Dでしたので迫力満点。雨や激流の場面では水しぶきが立体めがねを曇らせ、空中戦では身体にGの負荷が前後、左右から襲ってきました。
 ただ、格闘場面では、僕は正義の方に化身しているのに、悪がドツかれた衝撃を受けた時は、コレ、ナンと興醒めました。
 5感そして身体全体で鑑賞していたせいでしょうか、スッゴク疲れ、バッティングセンターとスーパー銭湯で1年のアカを洗い流す予定を中止し、ゆったりと帰りました。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: