2018-05-20 - ひとこと

0520hitokotoira_2018052011070816b.jpg
国会議員に暴言を吐いた自衛官が訓告処分を受けた。
 絶対におかしい。
 訓告処分は、法律上の処分ではなく、単なる注意に過ぎない。そんな軽い行動ではなかったでしょう。
 学校の先生が、日の丸・君が代に背を向ければ、戒告処分です。これは昇級・昇格に響きます。
 日の丸・君が代は「法律」に基づいた国の象徴、国会議員は「憲法」で定められた国民の代表者です。
 どう見ても戒告以上に値する非違行為でしょう。

2018-05-13 - ひとこと

0513hitokotoira_20180513135755606.jpg
   22日間の逃亡。不埒な僕は心の片隅で密かに応援をしていました。
 開放型(へいのない)の刑務所には、出所間際の囚人が処遇されている。いわば社会復帰の慣らし運転みたいなもの。
 自由が目の前に迫っているにも拘わらず、我慢できずに自由を求めた。大袈裟に言えば人間本質の根源、哲学を感じたのです。
 地元の人の心配も分かりますが、凶悪犯ではない筈です。開放型刑務所の良さ-たぶん脱獄囚のマイナスより、上手に社会復帰できたプラスのパーセンテージがぐっと高い-を否定する風潮につながらないことを祈ります。




2018-05-04 - ひとこと

0504hitokotoira.jpg
  憲法や人権を無視する(与党)政治家にあきれています。特に、日教組の「教え子を二度と戦場に送らない」という戦後の(偏向?)教育を受けただろう政治家には、何故思想の転向をしたんだと言いたい。
 権力の側に就くと、個人より国家が大事だと当然転向しちゃうのでしょうか。
 市会議員さんと共同の無料生活法律相談の席上、ニュースでアベ首相の顔が写るとテレビを消す人が多いという話が出ました。
 えっ、僕はミュート(消音)にしていたけど。もっと過激な人もいるんですね。最近NHKのニュースでは副音声にしました。英語ニュースになります。聞き取れませんが字があるので大丈夫。いやな政治家の画像がでても英語のお勉強とガマンしています。




ページのトップへ戻る TADA-Counter

2018-04-28 - ひとこと

0428hitokotoira.jpg
  初めての試みをした場合、誰だって顧みて良かったこと、悪かったこと、思いもよらなかったことなど、アレコレいわゆる検証をするものですよネ。
 自衛隊のPKO活動については、正規の検証は全くなされていない。それどころか、検証にとって不可欠の日報が不存在とされていたのですから驚きです。
 世界のどこかでドンパチのある時代。「平和維持のため」に出動してしまった自衛隊がどんな危険にさらされたのか、住民の生活をドンパチせずにどう守ったのか、住民とどんな摩擦があったのか等、具体的事実を明らかにし直視して評価を加えるべきでしょう。  自衛隊員を陽のあたる場所にとは思いませんが、「日報隠し」という活動の全否定は、隊員にとっても不本意でしょう。

2018-04-21 - ひとこと

0421hitokotoira.jpg
クロスワードをしていたら、ウバザクラという言葉に出会いました。「年甲斐もなく若作りをしている女性」というネガティブな表現と思っていたら大間違いでした。
年を重ねても、色香があり若々しいというのが本来の意味だそうです。
そう、桜の字が着くものに悪いものなどない!
僕が大ファンの吉永小百合さんなんて、典型的な姥桜かな。
そういえば、今話題の出演映画のお題が「北の桜守」、何かと桜づくしに埋め尽くされているよう。
その思いで見回すと、ウヮッ……ばかり。乱舞する桜吹雪のあちこちからパンチが飛んできそう。

最近のエントリー

トラックバック:

コメント: